「見えにくい矯正」「見えにくい、ほとんど見えにくい矯正」を得意とするファイン矯正歯科。見えにくい矯正で使用する装置やワイヤーなどを細かく紹介

歯並びは直したい・・・
でもギラギラした装置が目立つと口元が気になる・・・
そういった悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

ファイン矯正歯科ではそのようなお悩みをお持ちの患者様に「見えにくい、ほとんど見えない」矯正をご提供しています。矯正治療に今一歩踏み切れずにいた方も、この「見えにくい矯正」であればご不満なく安心して治療を行っていただけるでしょう。
※ファイン矯正歯科では装置の種類によって値段がかわることはありません。患者様の症状により適切な処置を心がけています。

矯正装置の基本構造

矯正装置の基本構造図解

装置の種類

バイトプレート可徹式装置(取り外し可)

「バイトプレート」可徹式装置(取り外し可)


リンガルアーチ固定式装置(取り外し不可)

「リンガルアーチ」固定式装置(取り外し不可)


リンガルプラケット

「リンガルプラケット」


インビザライン、クリアライン

マウスピース型矯正装置


白色ブラケット、透明ブラケット

「白色ブラケット」「透明ブラケット」


ワイヤーの種類

歯にブラケットを固定した後は、ブラケットに刻まれた溝にワイヤーを通します。このワイヤーによって歯に力が加えられ、歯列を整えることができるのです。ファイン矯正歯科矯正にて使用するワイヤーの種類をご紹介します。

メタルワイヤー、ゴールドワイヤー、白色のワイヤー

メタルワイヤー

ゴールドワイヤー

白色ワイヤー

QCM

結紮(けっさつ)の種類

結紮とは、ワイヤーをブラケットに固定する方法であり、使用する器具そのものを「結紮」と呼ぶこともあります。この結紮器具は通院毎に交換します。以下にその種類をご紹介します。

メタル結紮線

メタル結紮線


モジュール

モジュール


カラーゴム

カラーゴム


クリアスナップ

クリアスナップ


保定装置の種類

ブラケットによる治療が完了し、歯並びと咬合を整えた後、安定化させるための装置です。以下に矯正治療にて使用する保定装置の種類をご紹介します。

メタルワイヤー

メタルワイヤー


QCM

QCM


固定式

固定式


  • ファイン矯正歯科 院長:長谷 誠
    ●東京医科歯科大学歯学部付属病院
     文部教官助手
    ●東京医科歯科大学歯学部卒 歯学博士
    日本矯正歯科学会認定医